毎月月初更新

「ない」とは、「すべてある」ということ。


人は「ない」ということでよく悩む。

「あれがない」、
「これがない」、
「自分はもっていない」。

と。

「失敗した」、
「ダメだった」。

「ない」を「不足」とみる。

違うんじゃよ。

「ない」とは「0(ゼロ)の視点」。

「無」であり、無の中にすべては含まれている。

「ない」とは、「何者にでもなれる」ということ。

「ない」とは、「在る」ということ。

「有る」ではなく、「在る」。

「無い」とは、どこにでも行ける点であり、
次にどこに向かうか、あなたの想いを知る「きっかけ」なんじゃ。

絵にするなら、こんな感じ。



「自分は才能がない」と思う人は、 誰かと比べてそう思っている。

赤ちゃんの頃は、そんなこと思わなかったじゃろう?

人と比べたトキに、「ない」という意識が芽生える。

「自分は才能がない」と思ったトキは、
「自分はこの才能を求めている」、
と言い換えてみよう!

すると、向かう方向が見えてくる。

ベクトルができる。

これは、人と比べていない純粋な「想い」であり、
パワフルな言霊になる。

この視点が「在る」の視点。

「宇宙の視点」。

このメッセージを、
仙台から世界に向けて発信することに、
意味があるんじゃよ。