毎月月初更新



自分にとって、勇気や希望、
行動するための力になるような、
「自分ものさし」を創ろう!


この世にはいろんな「ものさし」がある。

それにピタッと合えばいいが、
合わないと生きづらくなってしまう。

ならば、「自分ものさし」を創ろう!

「自分ものさし」とは、
「自分の世界のルール」、「自分の宇宙のものさし」
のことじゃよ。

「自分の宇宙」は、自分が決めたことで創られていく。

「自分ものさし」はなんでもいい。

自分にとって、勇気や希望、
行動するための力になるならね!

例えば、不登校の子どもで見てみよう。

「学校に行くこと」が「〇」
「学校に行かないこと」が「×」

というのが、多くの人がもっているルール。

「自分ものさし」を創るなら、
「なにで心をふるわせたか?」
という「ものさし」にしてみる。

これは喜怒哀楽すべての感情についてね。

学校で授業を受けなくても、
人生を豊かにする方法はいくらでもある。

まずは充電して、心をいっぱいふるわせてね、
それから考えりゃいいんじゃよ。

どんな人生にしようか?って。

焦るから、学校に行くことをゴールにしてしまう。

世間体や、不安や、焦りが乗っかった「ものさし」だと、
子どもはますます動けなくなる。

本当に自分のことを思って言ってくれている言葉なのか
どうか、子どもは見抜くんじゃよ。

まぁ、親も人間だからね。
自分の概念にないことをする子どもに対して、
不安や焦り、怒りが出てくるのは、当然のこと。

だから、見守る親にも「自分の宇宙のルール」、
「自分ものさし」が必要だね。

「自分が生きているだけで、いかにOKか?」
を知るための「ものさし」がね。

「呼吸をしているだけでOK」

そう思ったら、今日やったこと、できたことが、
いっぱいあるじゃろ?

それを数えるチャレンジをしているんじゃよ♪

自分にフォーカスして、それをやってごらん?

そしたら、やさしい自分とつながっちゃう。
あなたの世界は、やさしい世界になるよ。

「そんなことをしていたら、自分に甘い人間に
なっちゃうんじゃないか?」

と言ってくる人も当然いるじゃろう。

そういう意見があってもOK。
それは「その人の宇宙」のルールなんじゃよ。

その人がトライしていることだからね。
おおいにトライ!って、応援してあげたらいい。

だけど、「自分の宇宙」には介入させない。

だって、違う宇宙だからね。
いいの。そんなことは、ネ ♡

自分にとって、勇気や希望、
行動するための力になるような
「自分ものさし」を創ろう!

人の「ものさし」で、自分をはかるなかれ!