うん。
「わたし、びっくりするくらい小食なんです♪」って、
最初にみんなに言っちゃうことだね。

今は「不食の人」もいる。

「食べない」=「死ぬ」
という価値観が変わってきているんじゃよ。

本当ですね~。

最初にみんなに言っちゃうと、
「ふ~ん。そうなんだ~」
くらいで、みんな気にしないから (笑) 。
大丈夫。 サラッと通りすぎるよ。

量を調整できないレストランで、
食べ残すことに罪悪感を感じるなら、
飲み物だけ注文するってのも、アリだね(ウィンク)。

ですね!

みんなには、
「こうやって話せることがとっても楽しい♪」
と伝えておくのもいいね。

ランチ会でランチを食べずに、会話だけ楽しむ人がいてもいい。

「小食」や「不食」の人は、
みんなと違うことを気にするかもしれないけど、
みんなの常識を広げていく役目も担っているんじゃよ。

だから堂々と笑顔で、

「わたしびっくりするくらい小食なんです♪」って

言っちゃえばいいよ。

どんなことにも言えるのじゃが、
自分の意志を中心に置いておくことが大事だね。

ネットサーフィンをしていると、情報に翻弄されてしまう。

自分の意志で必要な情報を集め、
さらにその情報を、再構築していくこと。

意志をもたず、考えもせず、
ただ情報を眺め続けているだけだと、
そのうち情報にコントロールされてしまうよ。

「あの人がこう言っている」
という点だけじゃなく、

「自分はどう感じたの?」
「自分はどう思ったの?」

というふうに、心に問いかける時間も、
ぜひとってほしいねぇ。

なるほど。外から情報を入れるだけじゃなく、
自分に問いかける時間も必要ってことですね!
バランスですね。

そう。今は外から入ってくる情報が、
圧倒的に多いからね。

確かにそうですね。
SNSの誹謗・中傷の書き込みにより、
傷ついたり、落ち込んだ時どうしたらいいですか?

そうだねぇ。
誹謗・中傷を目にすると、ヘコむだろうねぇ。

インターネットは相手が特定できないから、
人の凶暴性が出やすくなるんじゃよ。
まさに言葉の凶器だね。

こういう時代は、内なる自分とつながり、
中心軸をもっておくことが、心の安定につながるね。

確かにそうですが、
「内なる自分とつながることがとても難しい」と
感じている人が多いと思います。

「内なる自分とつながる」というと、
難しく感じるかもしれないけど、
「心の声」を聴いてあげることはできるじゃろ?

「心の声」を聴き、「想い」と 「口から出る言葉」と「行動」が
伴ってくると、中心軸はしっかりしてくるよ。

「自分はどうしたかったの?」
「どう感じたの?」
「それ、本当にやりたいの?」って。

なるほど。
わたしが内なる自分とつながったのも、
自問自答して、頭をスッキリさせていたからですもんね。

ふむ。
インターネットにはな、
想いを拡大し、増幅する働きがあるんじゃよ。

「ひっかかるワード」が炎上することもあるが、
「感動したこと」が世界中に広がったりもする。

「自分の想い」に意識を向けてインターネットを使えば、
「想い」を増幅させることができる。
すると、可能性は無限に広がるんじゃよ。

本当ですね。
ところで、インターネットの詐欺や犯罪に
巻き込まれない方法は、なにかありますか?

まっ、おいしい話にすぐに乗らないことだね。(笑)

自分がコロッとひっかかりやすい「フレーズ」を
知っておくのもいいね~。

「これであなたも20代の肌に!!」
「毛穴が消えた!!」
「簡単に痩せる!!」

やだっ、これ、全部わたしがひっかかるワードですね!

ハハハッ (笑) 。
気にしていることだと、
「簡単になおせる」「しかもこんなにお安く!」
という言葉に響いてしまう。

「サンプルだけ」「今ならお試し500円!」
なんて言葉も、安心して心のガードが甘くなるね。

確かに…。

ひっかかりやすいフレーズを知り、そのワードを目にした時は、
「おおーっっ、キターーーーーーっ!! ひっかかりフレーズ!!」と
思って、いったん冷静になることだね。

そのサイトをもう一度インターネットで検索してみると、
詐欺被害にあっている場合なら、すぐに出てくるよ。
このひと手間を覚えておくといいね。